君も、ヒーローにならないか?

〜感謝されながら、同じ価値観の仲間と共に創るヒーロー・ビジネス物語〜

Read Article

腑に落とせてるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森です、

しばらくメルマガを休んでました。

メール、LINE@などで
メッセージをくれた皆さん、
ありがとうございます。^^

いやー、8月の後半戦、
怒涛のセミナーラッシュをしてまして、

8月の初旬はヨーロッパを旅していて、
お盆は電子書籍の執筆&コンテンツ作りで、

久しぶりに頭が
オーバーヒートしていました。

インプットの量に
アウトプットがついていけてない状態。汗

なのでメルマガを一時休んで、
ひたすらにインプットしてました。

おかげさまで今年残り4ヶ月で
何をやるかが明確になったし、

中長期的なビジョンも
自分の中で明確になりました。

思えば大阪から東京に出てきて
丸7年になるんですよ。

で、そこからWEBマーケティングを学んで
これまでやってきました。

もちろん最初から
うまくいくことなんてなくて、

起業して初めてのビジネスは
半年で頓挫しました。

200万円で会社を作って、
半年後には2000円しかありませんでした。汗

でも何とか盛り返して、
今の生活を手に入れました。

7年…
長かった。

でも、おかげで、
WEBマーケティングについて
知識も実績もついてきた。

100人以上を前にして
セミナーで話すこともあります。

7年かけてやってきて、
数多くの失敗と少しの成功を体験して、
一生使えるスキルを身につけられました。

で、最近思うんです。

「腑に落とす」

という言葉がありますよね。

本当に深掘りして
理解できるようになるには、

完璧に腑に落として
できるようになるには、

やっぱり7年くらい
かかるのかなと思うんですよ。

今って少し検索したら
何でも情報が見つかります。

なので、知った気になりやすいです。

でも、知って終わりです。

「知る」と「分かる」は違うし、
「分かる」と「できる」はもっと違う。

「知る」ことに意味なんてなくて、
完璧に「できる」ようにならないとダメで。

そうゆう意味で、この7年かけて
WEBマーケティングについては
「できる」まで腑に落として、
徹底的にやってきました。

前にメルマガに書きましたが、
一生使い続けられるスキルとして、

・マーケティング
・コピーライティング
・パブリックスピーキング

があると言いました。

これらは収入に直結する、
今後も一生使えるスキルです。

今も学び続けているし、
もちろんこれからも
もっと深掘りしていきます。

で、です。

僕は来月、33歳になります。

ちょうど7年後に
40歳になります。

ここからの7年で、
次は何をやるか?

これがここ最近の
僕のテーマでした。

色々やりたいことは
あるんですよ。

でも、ちょっとかじって
終わるくらいなら、

最初からやらなくて
いいんじゃないかと思うんです。

ちょっと知って、
分かるくらいなら、
誰だってできるし、

ビジネスとして
そんな浅いだけの知識なんて
あっても意味ないと思うわけです。

んー、そうですね、
たとえば分かりやすく動画の制作とか、
今はプロの人に依頼しています。

なので、ここに
僕が入っていく意味はなくて、

むしろ軽はずみな
浅いマインドで入っていっても
プロとしてやってる人に失礼じゃないですか?

なので、やらないと。

最近、友人に言われたゴルフ。

ちょっと考えましたが、
いろいろ準備とか面倒だし、
ゴルフ場まで行くのも手間だし、
やらないと。

こうやってあれこれ考えていくと、
すべてをやってる時間はなくて、

本気で深掘りするものに絞って、
そこに時間もお金も労力も
集中させた方がいいわけです。

7年スパンで見て、
徹底的に深掘りできるものを。

7年かけて深掘りすれば、
間違いなくその業界、その市場で、
トップ3%に入れると思います。

そこまで深掘りしていくから、
見えてくるものもあるはず。

出会えないはずの人脈や、
新しいご縁も生まれる。

時間は有限だし、
時代の流れも早い。

あれこれやってる
ヒマはないのです。

なので、33歳からの7年かけて、
何を深掘りしていくのか?

ここしばらくずっと考えてきて、
ひたすらインプットした甲斐あって
それがここ数日で明確になってきました。

今後のメルマガでも
少しずつ話していくし、

新しい活動としても
情報発信していきます。

なので、楽しみにしていて下さい。

明日からまたメルマガを再開しますね。

新しく電子書籍からの集客や、
ウェビナーの成功事例も増えてます。

あぶない都市伝説もネタを仕込んでます。笑

今年も残り4ヶ月。

がんばっていきましょう。

ではではまたメールします!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top