君も、ヒーローにならないか?

〜感謝されながら、同じ価値観の仲間と共に創るヒーロー・ビジネス物語〜

Read Article

ネットビジネスとネットワークビジネス

ネットビジネスとネットワークビジネス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森です、

昨日まで福岡にいました。

人生で2回目の福岡でしたが、

とにかく福岡は「ご飯がおいしい×人が優しい」

です。最高!

ぜひまた行きたい場所ですね。

帰り際に、何やら神レベルにおいしい
鰻屋さんが中洲にあるとの情報をキャッチ。

前回は柳川でめちゃくちゃ美味のうなぎを食べましたが、
次回行く時は中洲の鰻も食べてみたいと思います。

ネットビジネスとネットワークビジネス

さて、今日はこちらのテーマをお届けします。

僕はメルマガの読者の方に
よくアンケートを書いてもらいます。

その中でここ数日、
ネットワークビジネスについての
質問がいくつかあったので
こちらでもシェアしたいと思います。

まず結論から言うと、
僕は「反対派」です。

それには理由があるのですが、
もちろん頑張って取り組んでいる友人もいますし、
頭ごなしにすべてを批判するつもりはありません。

やりたい方は自由にやってもらってOK、
というスタンスです。

ただ・・単純に

面倒くさい&イメージが悪い。

反対する理由をシンプルに言えばこうなるのですが、
もう少し具体的に書いてみたいと思います。

ネットワークビジネスをやらない3つの理由

理由1,売りにくい

まぁ、とにかく売りにくいんですよ。

なぜなら、人が商品を買う時って、
「買う理由」があります。

基本的には2つ。

1,悩みや不安、ストレスなどを解消したい
2,見栄や欲望などを解消したい

ですね。

例えば、

1,悩みや不安、ストレスなどを解消したい

こちらの場合だと、

収入をあげたい、
自由な時間がほしい、
集客力をつけたい、
薄毛を解消したい、
ワキガを治したい、
復縁したい、結婚したい、
不妊症を治したい、
病気になりたくない、

などですね。

で、

2,見栄や欲望などを解消したい

こちらの場合だと、

フェラーリに乗りたい、
バーキンがほしい、
タワーマンションに住みたい、
ロレックスがほしい、
自家用車ジェットがほしい、

などですね。

これらが「ニーズ」であり、
どちらかの悩みを解消できるから
人は商品やサービスを購入します。

むしろこれ以外にはないと言ってもいい。

でもネットワークビジネスの場合、
基本的に何も思ってない友人や知人に営業します。

もちろん↑にあげた悩みなどは
みんな何となく心の中では持っています。

でも「何となく」であり、
「別に必ずしも解決したい」わけではありません。

こうゆう方たちを動かすのは
かなり大変なんです。

例えば、めちゃくちゃ太っている方がいたとします。

100キロ以上の体重なのに、
毎日お菓子やジャンクフードばかり食べています。

絶対に身体にはよくないですよね。

でも本人がそのことを自覚していないのに、
ダイエットをした方がいいとか
病院行った方がいいとか言っても無意味なのです。

やる気がないからですね。

でも、

白衣を着たお医者さんが
カルテに難しい文字を書きながら

「このままの食生活を続けていたら
間違いなく半年以内に死にますよ」

と言われたら多分やめるはずです。

どちらの人が商品を買ってくれるかと言えば、
100%間違いなく後者の人です。

基本的にこうゆう人を対象にした方が
成約率も高くなるし無駄なセールスをしなくて済みます。

集客する時もこうゆう緊急性のある、
~~~~~~~~~~~~~~~~~
差し迫った方を対象にした方が集客できます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もちろん何となくではなく、
「狙って」そうゆう方たちだけを集めるのです。

でもネットワークビジネスの場合、
リアルの友人、知人に片っ端から勧誘していきます。

差し迫った環境にない方を
無理に集客するからモメます。

「あいつは友人を金としか見てないのか!」

なんて言われます。

当然です。(苦笑)

理由2,面倒くさい

そして、とにかく面倒です。笑

だってこんなにも便利なインターネットがあって、
何もしなくても放置で集客の仕組みが作れるのです。

このメルマガも13000人以上の方に配信しています。

大体、メルマガにかける時間は30分です。

30分で13000人にメッセージを届けられるのに、
たった一人のために時間を割いてカフェに行って
仲良くなるために上辺トークして、、、

面倒です、、

リアルで会うと親近感が湧いたり
良い面もあるんですけどね。

理由3,購入する理由を説明できない

最後はこちら。

セールスの基本ですが、

見込み客が抱く「なぜ?」に答えられなければ、
絶対に商品を買ってもらえません。

なぜ、その商品を買う必要があるのか?
なぜ、あなたから買う必要があるのか?
なぜ、今買う必要があるのか?

これらの疑問に明確に答えられないと、
購入しようと思いません。

確かに商品は素晴らしいものが多いです。

特許を取得している、
芸能人の◯◯さんが使っている、
◯万人の愛用者がいる、
世界◯ヶ国で利用されている、

などなど、

確かにごもっともな理由です。

でもそれは販売者側の理由であって、
お客さん側の理由ではありません。

お客さんからしてみたら、
他のお店で売ってるものでもいいわけです。

でも価格は一般的な価格よりも
何倍も高いことが多いです。

ここの部分がうまく説明できないと
やっぱりどれだけセールストークをしても
なかなか買ってもらえないですよね。

以上の3つの理由から
僕は「反対」というスタンスです。

自分発信の商売をしよう!

で、今回のタイトルにも書いた、

ネットビジネスとネットワークビジネスですが、

名前は似ていてもまったく別物です。

ただし構造は似ています。

ネットビジネスの王道と言えばアフィリエイト。

販売者の代わりに商品を販売すれば、
一定の手数料がもらえるのがアフィリエイトです。

これってネットワークビジネスの構造とも似ています。

販売者の代わりに商品を販売して、
さらに購入者が販売していけば
連鎖的に一定の手数料が入ってくる。

これがネットワークビジネスの特徴です。

ではこの中のどれが
“おいしい”ポジションなのかというと、
まちがいなく「販売者」です。

成果報酬で商品販売できて、
売れた分から報酬を支払えばいいので、
まったくのノーリスクなわけです。

だから目指すべきは販売者です。

でもネットワークビジネスの場合、
カタチのある商品として販売するわけなので、
なかなか初心者には難しいです。

商品化するのに資金が必要だったり、専門の知識や
特許をとるとか考えたら膨大な時間もかかります。

でも、自分の知識を情報として販売すれば、
コストもかからずリスクもなくスタートできます。

カタチのあるものではなく、
情報として無形のサービスを提供する。

自分の知識を商品化して教材にするのです。

すると、

アフィリエイトしてもらえる仕組みは簡単に作れます。

インフォトップなどの決済システムが
無料で使えます。

アフィリエイトしてくれる方もたくさんいるので、
いわばネットワークビジネスの仕組みが簡単に作れるのです。

で、その教材はもちろん、

↑で書いた悩みに直結するもので作る。

悩みに直結するものなら、
~~~~~~~~~~~~
親友にセールスしてもイヤがられませんよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

逆に、感謝されて喜ばれます。

やはり商売はどこまでいっても「問題解決」です。

目の前の人が抱えている不安や悩みを
解決するから商品を買ってくれます。

自分が売りたいものや、
自分がいいと思ってるものでは
売れないし見てもくれません。

自分目線ではなく相手目線でいることが
どんな商売でも共通して言えることです。

以上、ネットビジネスとネットワークビジネスについてでした。

ぜひ参考になれば嬉しく思います。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top