君も、ヒーローにならないか?

〜感謝されながら、同じ価値観の仲間と共に創るヒーロー・ビジネス物語〜

Read Article

情報発信に絶対に必要な「ならでは価値」とは?

情報発信に絶対に必要な「ならでは価値」とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ、森です。

今日は「ならでは」の価値の重要性について解説します。

昨日の記事もあわせて読んでみて下さいね。

今している作業の結果を倍速にするため、
日々している事を報告する、
またはブログやSNSなどで発信しましょうと書きました。

理由は、そうする事で「続ける理由」ができて、モチベーションに繋がるからですね。

そして、

今日はこの「発信する」という事、
ここをもう少し掘り下げてみたいと思います。

1億総情報発信社会

ここ数年で、スマホが普及した事によって、僕たちとインターネットの距離は劇的に近くなりました。

そもそも10年前はスマホはないですし、
パソコンすら持っていないという方も多くいました。(僕もその一人です。笑)

当時はインターネットというとまだまだ未知の世界で、
「オタクの人が家でひっそりとやるもの」くらいにしか思われていませんでした。

しかし、スマホが普及したことで、
「24時間どこでも誰でもインターネットがある生活」が実現しました。

すると、どうなるか?

誰でも、どこでも、インターネットにアクセスして、
検索したり商品を比較したり口コミを調べたり、

また、

誰でもブログやYouTube、SNSで自分の発信をするようになったり、

どんどんインターネット上に「情報」が増え、
今では膨大な情報がインターネット上に存在しています。

つまり、

「情報」が増えすぎて、
どんどんと情報の価値がなくなってきています。

例えば、本。

有名な「影響力の武器」という本があります。

この中身を知りたい場合、当然ながら買わないと見れなかったわけですが、今は誰かしらがレビューをしてくれています。

(ためしに「影響力の武器 レビュー」と検索してみて下さい。

つまり本の中身が流失しているわけです。
(当然実際に中身を見た方が理解が深まりますが)

音楽もそうですね。YouTubeで聞くのは常識の時代になりました。

もしくは好きな曲はituneで数百円でダウンロードする時代です。
つまり無料、もしくは限りなく低価格で手に入ります。

情報教材もそうです。

情報(インフォ)業界は、今から10年くらい前から少しずつ認知されはじめ、
2006年頃に第一次ブーム、2010年頃に第二次ブーム、2012年頃に第三次ブームがありました。

当時はまだまだインターネットが遠い存在で、
一部のインターネットを使う人と、そうでない人の間で「情報格差」がありました。

当時は本当に、インターネットの世界には宝物があるような、
自分の知らない未知の世界が広がっているような、
そんな淡い期待を持つ人が多くいたのです。

そんな「情報に価値があった時代」でした。

そして、その情報格差を利用して、

英会話上達の方法、
別れた恋人と復縁する方法、
輸入転売して稼ぐ方法、
株式投資で稼ぐ方法、

といったものが売られていました。

でも、今から同じものを作っても、売れるかというとちょっと微妙ですよね。

理由は、「検索したら答えが出てくる」からです。

これが全てに共通して言える事で、
ほぼ全て、疑問に思った事、知りたい事、
何でもググれば出てくるんですね。

なので、今は完全に「情報に価値がない時代」なのです。

そんな時代に、どうすればモノは売れるのか?

それが「ならでは」の情報発信です。

全てに必要な情報発信

 

結論から言うと、
情報発信はどんなジャンルにも必要です。

ネットショップであっても美容室でも飲食店でも必要です。

情報が溢れていて、モノも溢れている中で、
モノ(商品・サービスなど)の価値で勝負しても、
結局は大きな差を生むことはできません。

例え売れる商品を作れたとしても、
すぐに真似をされて価格競争になります。

そもそも、これだけ商品が溢れかえっている時代、
機能がいいのは当たり前なんですね。

そもそもそこがダメなら売れないっていう。

そこからさらにプラスできる「付加価値」、

ここに価値を感じて、商品を買ってくれるようになります。

じゃあ、この付加価値って何なのか?

それが、「自分ならでは」の価値です。

つまり、そのモノが持つコンセプトや、ストーリーです。

何のためにそのモノができたのか、
どうゆう経緯で誕生して、どうゆう経緯を経て、
どうゆう未来を見ているのか、

どうゆう人に見てもらいたくて、
その人にどうなってもらいたくて、
そしてその先にどうゆう社会になってほしくて、

などなど、これらがコンセプトであり、ストーリーです。

ここの部分が「付加価値」になるんですね。

で、ここを伝えるために、情報発信をするのです。

ここに価値を感じてもらうために。

ただ適当に「ブログ更新しました♪」が情報発信じゃないって事ですね。

なので、昨日の記事に振り返って、

まず作業効率をあげるために、自分がやっている事を発信する。

同時に報告もする。

それを無意識ででもできるくらい、
自分の生活リズムに馴染ませる。

ドラゴンボールで、
悟空が怒りを超越して超サイヤ人になりました。

新しいことに取り組む時って、
こうして毎回スイッチを思い切り入れて、
「よしやろう!」となってから始める人が多いと思います。

でも、その状態だと、数日たったら面倒になるんですね。

ではなく、悟空も最後の方はバトルシーンでなく自然体の状態でも超サイヤ人になっていたと思います。

あの状態が理想ですね。

いちいち毎回スイッチを入れるのではなく、
ずっとONの状態です。

これ、余談でした。笑

話を戻して、

作業効率をアップするための準備ができたら、
その作業工程を発信するところから始めてみる。

そして、その発信する際、
自分「ならでは」の発信をしてみる。

コンセプト、ストーリーですね。

ここを軸にして発信すること。

ネットショップやリアルビジネスをしてる場合でも
この方法は取り入れてみて下さい。

今日のところは以上です!

ではまた!

PS

「ならでは」の発信をしていくと、
その価値に共感してくれる人が集まるようになります。

コンセプト、ストーリーに共感してくれた人が集まるのです。

つまり、似た感情をもった人です。

その人からしたら、あなたは「ヒーロー」なんですね。

心の奥の、普段はフタをしている、
くすぐったくなるような部分を共感しあえる仲間、
そうゆう人たちでコミュニティを作っていく、
それがこれからの時代にあったビジネスのカタチだと思っています。

より詳しい内容はこちらの無料動画と、
新しい無料メール口座でも詳しく解説しているので、
じっくりご覧になってみて下さい。

ではでは^^

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top