君も、ヒーローにならないか?

〜感謝されながら、同じ価値観の仲間と共に創るヒーロー・ビジネス物語〜

Read Article

太陽が照り付ける砂漠の中から「普通の基準」を語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1212

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もりこうへいです。

ジリジリと照り付ける太陽は
手を伸ばせば届きそうな所で輝き、

視線を上げるとどこまでも続く一本道、
その果てには遥かない地平線が延々と続き、

暑さと息苦しさでもう限界…
おれはこのままここで野垂れ死にするのか…

という夢を見ました。笑

今日は大阪のホテルに泊まっているのですが
起きたらなぜかクーラーが冷温停止状態。

砂漠の中で迷子になった気持ちが
ほんのちょっと分かった週末の朝です。

この週末は大阪で勉強会があるので
フラッと前日入りして大阪を満喫していました。

で、コンサル生とホテルのカフェで延々と話し続けていたのですが
その内容をいくつかシェアしたいと思います。

まず話はAYUさんの新しい本から。

何でももうすぐ新刊が出るみたいで、

「あなたはまだ本気を出してないだけ」

というタイトルだそうです。
(何と挑戦的な笑)

で、確かにそうだよなーと思うのです。

よく「後で本気出す」とか言う人いますが
ほとんどの場合「その時」は訪れません。

別にこれは副業やビジネスだけではなく
禁煙やダイエットなどでも同じです。

で、これはなぜなのか?をひも解いていくと、
結局の所、怖いのです。

本気を出す。

そして行動してみる。やってみる。

でも結果が出なかった時の事を考えると
その自分が許せない、信じたくない、見たくないのです。

だから「本気を出さない(出せない)」のです。

いまいち腰が重いというか。

で、この場合、相当にマズい。

他にも、別に副業もビジネスも禁煙もダイエットも、
突き詰めていけば別にやらなくても良い事です。

幸か不幸か、日本は平和で豊かな国なので、
月10万円くらいあったらとりあえず生きていけるし、
禁煙もダイエットも言ってみれば自己満足なので
絶対にやらないといけない事ではありません。

だから何となーく周りのゆるい雰囲気の中で生きて
ここでいっか、おれ普通でいいし、みたいなマインド。

これは相当にマズい。

普通でいい、という人すごく多いのですが
その「普通」と世間の「普通」は
大きな差がある事に気がつかないといけない。

この場合の普通って、

子供2人くらい生んで、
月に1~2回は外食して、
車持って保険も入って持家で
たまに買い物も行って、
年に1回くらいは旅行したい、

みたいなケースが多いです。
いろいろ質問していくと。

で、これもこないだ計算したのですが
どう考えてもこのいわゆる「普通の生活」をするには
月60万円以上の収入がないと厳しいです。

今の40代の平均年収が470万円。
手取りで30万ちょっとくらいです。

単純計算で倍です。

つまり、「普通でいい」という生活をするには
人の倍以上の努力をして初めて普通になるのです。

だからまずこの「普通の基準」を上げないとダメ。

この基準が低いままだから
ちょっと頑張っただけで
「おれは今日頑張った」とか、
「今日は休んでもいっか」とか、
こうゆう発想になります。

だから「普通の基準」をまず上げましょう。

世間一般の人たちが持っている、
間違った普通の基準のままだと、

みんなが考える「人並みの幸せ」も持てないし、
自分一人だけならまだしも子供、奥さん、親、友人の
幸せも叶えてあげることも難しくなります。

だってただでさえ生活が厳しくなるのに
子供の習いごととか無理ですからね。経済的に。

あなたの普通の基準はどこですか?

このメールに返信下さい。

と言っていたらこんな時間に…、、

本当はもう1つ、「やるべき事」についても書きたかったのですが
長くなったので次のメルマガで書こうと思います。

ではではまた。

PS

最近話題のこの本を読みました。

「嫌われる勇気」という本です。

ホリエモンもTwitterで紹介していましたが
かなりグサッとくる内容が書いているので
良かったら読んでみて下さい。

ではでは。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top