君も、ヒーローにならないか?

〜感謝されながら、同じ価値観の仲間と共に創るヒーロー・ビジネス物語〜

Read Article

M男が世界を救う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の東京は見渡す限りの雪景色…

朝からコンサルで人とがっつり話していたのですが
待ち合わせ場所への道中に何度もこけそうになりました笑

電車は遅れてるし道は渋滞しているし、
今日はせっかくの週末ですが
外に出ない方が良いでしょうね、、

で、その今朝のコンサルから
感じた事をシェアしようと思います。

ここ最近毎日数人の方とスカイプしたり
対面で話したりしているのですが、
やはり多くの方が現状を変える事ができません。

というか、行動ができないのです。

そもそも、

なぜセミナーに行くのか?
なぜ教材を買うのか?
なぜ塾に入るのか?

それは「現状を変えたい」からですよね?

別に今が幸せで、ストレスなく生活できていれば
そんな事をしないですし僕の発信も見ていないでしょう。

でも残念ながらそれは事実としてあるのです。
自分の現状に満足していない。そして変わりたい。

こう思ってるのは間違いないはずです。

もしかしたら、

「いや、おれは違う。絶対に変わる!」

と思っているかもしれませんが、
心の中で思っているだけでは何も変わっていません。

そしてこのパターンが9割くらいの人に該当しますね。

そもそも人は本質的には変わりたくない生き物で、
変化するのを嫌うようにできています。

変わりたいと変わりたくないが右往左往して、
この振れ幅が大きくなると鬱になったり、
もっとひどいと変な宗教にハマったりします。

でも自分の人生に変化をもたらすには
勇気を出して一歩踏み出すしかない。

本当に踏み出すしかないのです。

そしてこれは今までにも何度も言ってきました。

でもやっぱり

「ふむふむ、一歩踏み出さないといけないんだな」

くらいで終わってしまうんですね。

この「何となく分かった感」が一番まずくて、
実は最も成長&進化をストップさせています。

ですので、とにかく行動して
変化するにはどうすれば良いか?

それをひたすら考えていました。

その結果…

一つの答えに辿り着きました。

それは「M男」になるのです。

まず引くに引けない状況を作り、
その状況を人にコミットして、
未達なら痛みを伴うようにするのです。

痛みとは金銭的な事でも良いし
恥ずかしい事などでもOKですね。

とにかくイヤな事をする。

あとは

引っ越しをする、
会社設立をする、
セミナーを開催する、

なども良いですね。

ポイントはこれらを「すぐに」やる事。
(できなくてもやるマインド)

成果の出ない人は

「稼いだらやります」

と言いますね。

稼いだら自己投資します、
稼いだら起業します、
稼いだらセミナーを開催します、
稼いだらタワーマンション住みます、

などなど。

いや、それはみんな同じ事を言うのです。

でも、周りの人で実際にしてる人いますか?

いないですよね。

成功する人は「稼ぐ前」からします。

自分を追い込んで
言い訳できない状況を作ります。

「アフィリエイトで報酬が出たら、
その報酬で教材や本を買いまくります!」

と意気揚々と話す人も多いですが
その日が来るのはまだまだ先の事でしょう。
(もちろん永遠に来ない人もたくさんいます)

ゆっくりゆっくり進んだ結果を望むなら
それでも良いのかもしれませんが、
僕は飽き性で面倒くさがりなので
潜伏期間、助走期間はできるだけ
早く終わらせたいんですよね。

もう一度周りの人を見てみましょう。

成果の出ていない人と
自分も同じような事を言っていませんか?
同じような考え方をしていませんか?

人と同じ事をしていても成果は出ません。
人がやらない事をやるから成果が出るのです。

「常識」とは真反対のところにいきましょう。

本気で変わりたいのなら、です。

でないと

いつまでも「何となく出来た気」になってる
中途半端人間から抜け出せないままです。

時間は有限です。

この時間は自分だけの時間ではありません。

両親、恋人、友人、

全ての人の時間が有限です。

何か恩返ししたいと思っても
その時にはもう大切な人はいないかもしれません。

だから、出来るだけ早く成果を出しましょう。

リスクを恐れず、
リスクを優先的に選んでいきましょう。

嬉しい事にこの日本は超先進国です。

手厚い社会保障があるので
最悪は何とでもなります。
(本当の最悪の最悪の話でもです)

とにかくリスクを先取りして、
自分を追い込み、声に出してコミットする。

あとはそれを達成するために
とことんまで追い込んでいく。

ここまでやれば行動できます。
日本人総M男化を僕とすすめる場合は
このメールにアツい返事を。笑

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top