君も、ヒーローにならないか?

〜感謝されながら、同じ価値観の仲間と共に創るヒーロー・ビジネス物語〜

Read Article

アインシュタインに怒られました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「常識」という「非常識」から抜け出そう!

天才・アインシュタインも、

「常識とは18歳までに身に付けた偏見のコレクション である」

と言ってるけど、そもそも常識なんてない。

いや、あるにはあるけど物理空間にしかない。

例えば人の白血球の数や体温なんかは「常識的な数値」があるけど
人の考えとか価値観とか希望とか夢とかの情報空間には常識はない。

僕たちの考える常識を地球の裏側の人は非常識だと思うし、
隣の国の常識は僕たちの常識ではない。

うーん、もっと掘り下げると
「無数にあって常識は1つじゃない」
って言った方が良いのかな。

何が言いたいかって言うと、それなのに
「社会の常識」なんていうよく分からない言葉に
びくびくしながらただボーっと生きてちゃダメって事。

僕には僕の、あなたにはあなたの、常識があって良い。

「社会の常識」なんて言ってるやつは
多くの人を管理しやすいようにコントロールしてるだけ。

企業戦士とかがまさにその典型例。

ここから抜け出そう。

何か共感できる所があればこのメールに返信を。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top