君も、ヒーローにならないか?

〜感謝されながら、同じ価値観の仲間と共に創るヒーロー・ビジネス物語〜

Read Article

ドコモのFacebookの炎上理由をネットビジネスに応用してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヘイです!

先日、ドコモのFacebookが炎上した事はご存じでしょうか?

一見すると何も起こっていないように思えますが、
実はコメント欄を見てみるとかなりの炎上具合が分かります。(苦笑)
ドコモのFacebookはこちら

そもそも、なぜこのような事が起こっているのかというと、
製品に対しての不満をドコモが華麗にスルーしているからなんですね。

どんなコメントが書かれているのか、
下に抜粋してみます。

————————————

日本における地域や
世代を飛越し(無視)すぎてユーザー減でしょう?

もうドコモはダメです!みんなでauに乗り換えましょう。

fomaだと圏外ソフトバンクのiPhoneはつながった。
接続できるってドコモのラベルが貼ってあったのに。

客のスマホに難癖つけて修理代とらないでください

————————————

などなど・・・

ここには書けないような罵詈雑言のオンパレードでした。

もちろん全ての方がこんなコメントを投稿している訳ではなく、
反対意見を投稿している方もいます。

でも、肝心のドコモはスルーしているんですね。

火に油を注ぐ事になるのを恐れて
通常通りの投稿を繰り返しています。

大企業の考えとして正解なのかもしれませんが
ソーシャル全盛の時代にこの対応は良いのか疑問ですよね。

僕から見ると本当にユーザーの事を
真剣に考えているのかなと思ってしまいます。

ソーシャルメディアが発展した事で
良いニュースも悪いニュースもあっと言う間に拡散します。

僕はいち早くドコモ側から正式なメッセージを出して
沈静化させる事が企業としてもメリットがあると思うのですが、
あなたはどう思いますか?

ただでさえiphone発売に乗り遅れ、
かつてのドコモブランドは崩れてしまったのに・・・

さて、今回の炎上騒動ですが、
これをマーケティングの視点から見てみましょう。

最近はこういった炎上を“あえて”起こして注目させる、
「炎上マーケティング」という言葉もあるんですね。

例えば、

商品の「良い情報」と「悪い情報」を同時に流して、
人々の口コミを起こすのです。

最近、怒涛の勢いでメディアに登場している
某ネット起業家も、ある意味では炎上マーケティングでしょう。

ド派手な車、時計、家、洋服をアピールして
かなり嫌味なキャラを演じています。
当然アンチも生まれます。

アンチがいるから炎上するのですが、
アンチが生まれたらその分、ファンも増えます。

例え99人に嫌われても1人に好かれたら、
その1人は熱烈なファンになってくれるんですね。

ネットビジネスではこういった熱烈なファンを増やす事が大切です。

そうでないと、他の「一般アフィリエイター」と同じです。

これから情報発信をしていく際は
このような事も考えながら自分のキャラクターを確立させていきましょう!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top