君も、ヒーローにならないか?

〜感謝されながら、同じ価値観の仲間と共に創るヒーロー・ビジネス物語〜

Read Article

無料レポートの作り方とは?2つのパターンを理解して活用するべし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヘイです。

これまでメルマガアフィリエイトについて、
Facebookについて、Twitterについて、などなど…

それぞれの記事をまとめて書いてきましたが、
次は無料レポートの作り方について書いていきたいと思います。

あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、
ネットビジネス界では誰でも知っている言葉です。

その無料レポートですが、
他の方がどうやって作っているのか?
気になりませんか?

これから何記事か続けて、
僕が実際に活用している方法や、
一般的な無料レポート作成方法などを書いていきます。

無料レポートの書き方

まず、無料レポートにはいくつか種類があります。

基本的には、

PDF
音声
動画

ですね。この3つです。

PDFだけ、音声だけのパターンもありますが、
音声&PDF、動画&PDFといったように、
複合的に作るケースもあります。

ちなみに、僕が作った動画コンテンツは、
PDF&音声で構成されています。

ただし、いきなり初めから
このようなレポートを作るのは難しいので、
まずはPDFから書いていきましょう。

書く内容について

よく頂く質問の中に、
無料レポートはどんな内容にすればいいのか?
書き方を教えて下さいというものがあります。

結論から言うと、答えはありません。

あなたがこれは人の役に立つ、と思えば
それをレポートにして公開すれば良いのです。

アフィリエイトをしているのであればアフィリエイト。
転売なら転売、メルマガならメルマガ。

他にはワードプレスの使い方とか集客方法とか、
モテる方法、銀行融資を可決する方法などもあります。

また、無料レポートを活用している方を見ていると、
大きく分けて2つのパターンがありますね。

・量産型
・一点集中型

です。

量産型とは、ボリュームは少ないのですが、
とにかく数で勝負するパターンですね。

ただし少ないと言ってもPDF数ページだけでは意味がないので、
少なくても数十ページ、数百ページは欲しいですね。

そうして、一週間に一度、二週間に一度のペースで
どんどんレポートを公開しています。

これが量産型ですね。

一点集中型とは、作るレポートは1つ。
でもそのレポートを圧倒的な質・量で作るパターンです。

例えば、僕が作った「トレンドマスター60Daysプログラム」は、
動画160本以上、PDF500P以上、収録時間20時間以上の動画コンテンツです。

ただし、作るのに2ヶ月かかり、1日12時間かけて作りました。

このような一点集中型のレポートを作ると、
多くの方に喜んでもらえます。また、目立ちます。

一般的に販売されている有料教材よりも
量も質も圧倒的ですからね(苦笑)

でもこのようなコンテンツを無料で公開して、
そこから集客できているので、戦略としては成功です。

まとめ

今回は無料レポートの作り方についてお話しました。

まずはワードで書いてPDFに変換して、
それを無料レポートスタンドに登録しましょう。

そしてレポートを量産して、慣れる事ですね。

同時にネットビジネスの知識もつけて
最終的には一点集中型のレポートを作りましょう。

次回も無料レポートに書いているので、
そちらの記事もお楽しみにしていて下さい!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top