君も、ヒーローにならないか?

〜感謝されながら、同じ価値観の仲間と共に創るヒーロー・ビジネス物語〜

Read Article

メルマガ読者を集める方法とは?誰も話さない真実を暴露!※重要※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ読者を集める方法とは?誰も話さない真実を暴露!※重要※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヘイです。

最近メルマガアフィリエイトについての記事をたくさん書いていましたが、
具体的に「読者集め」について書いてなかった事に気が付きました。(苦笑)

なので、今回は読者集めについて書いていきます。

…とは言っても読者集め=集客方法なんですけどね。

最近、特に集客、集客、集客と
本当に色々な所で叫ばれています。

集客方法の教材だったりツール販売だったり、
これからもどんどん新しいモノが現れるでしょう。

しかし…

多くの教材販売者やツール開発者が話さない事があるのです。

何かお分かりですか?

それは「どんな教材、どんなツールを使っても本質は同じ」

という事です。

具体的に話しましょう。

よく当サイトにも質問を頂きます。

「○○というツールを買えばメルマガ読者が増えますか?」
「△△という教材を買えばアクセスは増えますか?」

というもの。

このようなマインドの方はほとんど失敗するケースが多いです。

なぜかというと、
結局の所、どんな集客教材やツールを使っても、
集客の本質を分かっていないと意味がないのです。

僕が考える集客の本質とはコミュニケーションです。

良質な集客=良質なコミュニケーション

Twitterのツールでもアメブロのツールでも、
使うとフォロワーやペタを増やす事はできますよ。簡単に。
クリック1つで勝手にどんどん増えていきます。

でも「数」だけ増やしても意味はないんです。

それってただ
フォロワーが多いだけ。ペタが多いだけ。いいね!が多いだけ。

でも「それ」が目的でしたか?
違いますよね。

目的はメルマガ読者になってもらい、
自分の事を分かってもらい、ビジネスに繋げる事ですよね。

ここを間違っている方が非常に多いです。

たしかにネットビジネスをしているとやる事が非常に多く、
どうしても集客はツールに任せっきりになるのは分かります。
ましてや本業のお仕事がある場合だと余計にそうですよね。

そんな時は少し考え方を変えてみましょう。

TwitterのフォロワーやFacebookの友達、
アメブロの読者、ペタをくれた方、

これらの方と積極的にコミュニケーションをとるのです。

基本的にソーシャルメディア上でもらうリアクションって
すごく嬉しいんですよ(笑)

なのでいきなり話しかけても嫌がられる事はありません。

ただしここで注意点。

よくあるパターンで、いきなりセールスしてる人いますよね?
フォロワーになった瞬間に無料オファーを送ってくれる人とか…

あれは止めた方が良いです。

そもそもほとんど成約になりませんし
毎日セールスメールばかり送ってくる人はイヤですよね?
(服屋に入った途端に話しかけてくる店員さんと同じです)

セールスしてはいけないという事ではなく、
セールスは適切なタイミングでしましょう。

僕が実際にしている事は、
フォロワーや友達になってもらえたら、
僕が作った無料レポートをプレゼントしています。

「プレゼントがあるのでぜひ友達になって下さい」
というスタンスですね。

これはブログ下でも公開している
圧倒的な動画コンテンツなのですが、
これだと何の迷惑にもなりませんよね。

動画は全て無料ですし僕が実践して実際に成果が出た方法です。
全てを理解していますし質問にも何でも応えれます。

まずはそのように無料で価値を提供して、
喜んでもらって実際に成果を出してもらう。

そうするとあなたの「ファン」になってもらえます。

セールスするのはその後なんですね。

1、良質なコミュニケーションをとる
2、プレゼントを提供して読者になってもらう。

3、そのプレゼントで満足してもらう。
4、結果、ファンになってもらう。
5、セールスする→ビジネスとして成立する。

この流れです。

この「1」の段階を自動化するのが集客ツールですね。

どうも集客ツール系のセールスレターを見ていると、
ツールを買って使えば利益が出せます!

みたいなテイストが多いのですが、
そんな事はありません。。

ここを何も考えずにただ数集めだけの集客をしていると
全く利益を出せないままです。

ただフォロワーが増えるだけ、いいね!が増えるだけ、
そんなの何だか寂しいじゃないですか?

なので、今回の記事に心当たりがあれば
まずは積極的にコミュニケーションをとり、
ファンになってもらう所からはじめましょう!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top