君も、ヒーローにならないか?

〜感謝されながら、同じ価値観の仲間と共に創るヒーロー・ビジネス物語〜

Read Article

WPtouchをFFFTPで編集してアドセンスを記事下に表示する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の記事はトレンドアフィリエイトで稼ぐ上でかなり重要です。

なぜか?クリック率にダイレクトに影響してくるからです。

トレンドアフィリエイトはアドセンス広告をクリックされて
それが報酬に繋がりましたよね。

つまり、0.1%でもクリックは高い方が報酬になるのです。

同じアクセス数なら少しでも報酬が高い方が良いですよね。
では具体的にどうするか? ワードプレスのプラグインのWPtouchを使います。

そもそもWPtouchは、 サイトの表示をパソコン用から
スマホ用に変換してくれるプラグインです。

今はスマホ利用者がどんどん増えている時代ですし、
これから更にその流れは大きくなるでしょう。

なのでこのプラグインは必須のものと言えます。

また、設定方法もとても簡単で、
アドセンス広告もコードをコピペするだけでスマホ用に変換してくれます。

編集の手順

まず、ワードプレスの管理画面から、

プラグイン→新規追加と進み、検索窓でWPtouchを探します。

12

 

 

 

 

インストールして有効化するだけで スマホで見た時の表示が変わっています。

IMG_0782

 

 

 

 

 

 

上の画像がスマホで見た時の画面です。
PC用とは大きく違う事が分かりますよね?

詳細設定

次はワードプレス内のWPtouchのページから詳細設定を行い、
スマホでもアドセンス広告が表示できるようにします。

ワードプレスの管理画面から「設定」をクリックして、
その中のWPtouchをクリックします。

すると、一番上に「WPtouch Language」とあるので、
その中から「Japanese」を選んで保存しましょう。

これで文字が日本語に変換されます。 次にアドセンスの設定をします。

そのまま下の方にスクロールすると、
「Advertising,starts&Custom Code」という項目がありますので、

そこにあなたのアドセンスのIDを入力します。
※アドセンスIDとは、pubーから始まる数字の事です。

この数字はアドセンスにログインして頂き、
右上辺りにこのように表示されています。

13

 

 

この作業だけで記事タイトルと本文の間に広告が表示されます。

ただし、これだけでは物足りないですよね。 まだ記事上にしか表示していません。

より多くの方にクリックしてもらうには記事下にも広告を表示させましょう。

記事下への広告の表示方法

サイト訪問者は上から下に本文を読むので、
記事下の方がクリック率は高くなります。

ですのでこの作業は必ず行いましょう。 まず、アドセンスにログインします。

次にコンテンツ向けAdSenseで広告ユニットを選んで下さい。 14

 

 

 

「新しい広告ユニット」をクリックして適当な名前を入れて、
広告サイズ→250×250 スクエア
広告タイプ→イメージ広告 を選びます。

テキスト広告の方がクリック単価は上がるのですが、
クリック率はイメージ広告の方が良いので僕はイメージ広告だけにしています。

次に、「保存してコードを取得」をクリックすると、
今作成した広告コードが表示されるので、そのままコピーします。

そのまま先ほどのWPtouch設定ページに戻り、
「Stats & カスタムコード」に貼りつけましょう。

15

 

 

 

これでアドセンス広告が記事下に表示されるようになります。

…が。 このままだと画面の一番下に表示されるようになります。

統計上、画面の一番下よりも
本文のすぐ下に表示する方がクリックされやすいので、
もうひと手間加えましょう。

記事のすぐ下に表示させるには?

この方法は上記のようにワードプレス内で編集をするのではなく、
WPtouchのソースコードを直接編集するので少し難しいです。

念の為、編集する前はバックアップをとっておきましょう。

まず、FFFTPに入り、今編集しているサイトのURLを探します。
※FFFTPのインストールは別の記事を参考にして下さい。

次に、

サイトURL→public_html→wp-content →plugins→
wptouch→themes→default
とクリックして進みます。

※この順番は間違わないようにして下さい。

最後まで進むと「single.php」というものがあるので、
これをドラッグ&ドロップしてデスクトップに保存しましょう。
※これを編集するのでバックアップ用にもう1つ保存しましょう。

メモ帳だと見づらいので、
テラパッド等のテキストエディタで開く方が良いですね。

たくさん英数字が羅列していますが、
そこから「Ctrl+F」の検索機能で下記の文字を探して下さい。

<!– Categories and Tags post footer –> 

1つしかないのですぐ見つかります。 このすぐ上にスペースがあるので、
ここにアドセンス広告のタグを入力しましょう。

16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の画像は、青の部分が検索した文字で、
赤枠の中にアドセンス広告を入力した状態です。

ここまで出来たら後は保存して、
再度ドラック&ドロップでFFFTPの中に戻して上書きします。

これで設定完了です。 少し時間を置いてスマホで見てみると、
記事のすぐ下に広告が表示されているはずです。

まとめ

WPtouchはサイトをスマホ用に変換してくれるプラグイン。

スマホ利用者は増加傾向にあるので必須。

また、アドセンス広告も自動でスマホ用に変換される。 広告を貼るのは2ヶ所。

記事上、記事下。 どちらもワードプレス内から設定出来ますが、
記事のすぐ下に広告を表示させる場合、 自分でFFFTPを使って編集する。

手順は上の通り。 間違うとやり直しがとても手間なので、
編集前はバックアップをとっておく事。 以上です。

スマホ対策は本当に大切なポイントです。

この設定をするだけでクリック率は必ず変わるので、
面倒と思わずに設定するようにして下さいね!^^

~追記~

記事上に広告を表示させる方法を追記します。

まず、FFFTPに入り、今編集しているサイトのURLを探します。

次に、

サイトURL→public_html→wp-content →plugins→
wptouch→themes→default
 とクリックして進みます。

※この順番は間違わないようにして下さい。

ただし、

下の記事のように、先に関連記事表示の設定をして、
defaultではなく別のファイルを作っている場合、
そちらのファイルを編集するようにして下さい。

ワードプレスの関連記事をスマホでも表示する方法

次に、

ファイルを開き、中にある「single.php」を
デスクトップにドラッグ&ドロップします。

そのまま「single.php」を開きますが、
普通に開くとメモ帳のまま開いてしまうので
テラパッドで開いて下さい。

テラパッドはこちらの記事を参考にして下さい。
TeraPadのインストール方法と使用方法

開くと中に <div class=”clearer”></div>
とありますので、Ctrl+Fで検索して下さい。

142

 

 

 

 

 

 

 

 

その上にアドセンスタグを貼りつけましょう。

サイズは記事下と同じものか、
もしくは320×50のモバイルバナーが良いですね。

貼りつけが終わればそのままFFFTPの中に戻し、
そのまま上書き保存して完了です。

広告の上には<center>SponsoredLink</center>
を忘れないようにして下さい。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top