君も、ヒーローにならないか?

〜感謝されながら、同じ価値観の仲間と共に創るヒーロー・ビジネス物語〜

Read Article

キャッチコピーで使える3つのテクニックとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッチコピー

 

 

 

 

 

 

 

キャッチコピーを考えるのは難しいと思いますか?

確かにいきなりそう言われると
頭を抱えたくなる気持ちになりますよね。

でも、そんな時でもこの法則を知っておくだけで
お客さんからの反応がグンと上がるのです。

1、数字を使う

人間は数字に弱い生き物です。

・新鮮な魚をふんだんに使った魚介スープ

・新鮮な魚を3時間煮込んだ魚介スープ

・5種類の魚を3時間煮込んだスープ

この中ならどのスープが美味しそうですか?

一番下のスープがよりリアルに伝わりますよね。

このように、ただメニューを書くのではなくて
具体的な数字を散りばめる事で読み手にリアルに伝わります。
他のメニューよりも引き立てる事ができる訳ですね。

2、ベネフィットを与える

ベネフィットとは利益の事です。
つまり相手に利益を与える事。

人間は自分に利益のある事しかしない生き物です。
あなたの提供している商品がどれだけ素晴らしくても、
それが自分の利益にならないと行動してくれないのです。

では具体的に何をすれば
ベネフィットを与える事になるのでしょうか?

例えば、

返金保証をつける、
アドレスを登録してくれたら特別プレゼントを渡す、

などですね。
また、これらの時はより具体的に
ベネフィットの内容を伝える事も重要です。

3、興味付け

これは非常に細かいポイントになりますが、
ただ文字を書くだけではなくより魅力的に、
より読み手の感情を動かせるように工夫する事です。

例えば、

「…」や「!?」などの文字を使う事です。

文章をつらつらと書いたタイトルよりも
「…」や「!?」などの文字を使った方が
圧倒的に読み手に伝わりやすいですよね。

まとめ

今回はキャッチコピーを書く際の3つのポイントを書きました。

これらはすぐに実践できますし、
書くだけで反応は格段に上がります。

読み手の感情をどうすれば揺さぶる事ができるのか?
どんなキーワードを使えば共感してくれるのか?

この辺りを考えながらキャッチコピー作りに
励んで下さいね!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top